連続テレビ小説おひさまの今後のあらすじ

おひさま 今後 あらすじ 98

連続テレビ小説おひさまの97 今後のあらすじの紹介です。、

2011年7月26日(火)
和成考案のこんにゃく麺の“年越しそば”でにぎわう丸庵。
そばにこだわる道夫を気遣う和成。
接客ぶりも板についた富士子はこれ以上甘えた人間になりたくないと年越しをけじめに東京へ戻る。

村上堂が営業再開し、カヨと貞夫のもとに育子、真知子と集まる陽子。
陽子の職場復帰は目前となる。

送料無料!【田舎そば(パック)おひさま 20個セット】NHK連続テレビ小説『おひさま』シリーズそば本来の風味と味を楽しめる挽きぐるみそば粉を使い打ち上げた田舎そば。3人前半生つゆつき。【田舎そば(パック)おひさま 20個セット】※発送目安:1週間ー10日【楽ギフ_包装】

おひさま あらすじ 今後 97

おひさまの97のあらすじです。今後の展開です。

2011年7月25日(月)
陣痛がはじまった陽子は、和成に付き添われて助産院へ向かう。
独り祈る和成のもとに、徳子、道夫、富士子が駆けつける。

無事に女の子が生まれ、日向子(ひなこ)と名付ける。

実家の須藤家では、育子、良一、茂樹も電報に大喜びする。

連続テレビ小説 おひさま 特集 >>楽天市場

おひさま あらすじ 今後 96

連続テレビ小説おひさまの今後96のあらすじです。

2011年7月23日(土)
陽子のクラスの子どもたちは、おなかの子どもにそれぞれ話しかけて、
陽子を明るく送り出してくれた。

徳子と道夫は、富士子のために松本を案内し、
陽子は和成と久しぶりに2人きりのひとときを過ごす。

「頑張る」と気負う陽子に、周りの期待に感謝はしても、
あまりそれを背負いすぎないようにと言う和成。

その優しさがうれしい陽子。そんな時、陣痛が始まる。

連続テレビ小説 おひさま 特集 >>楽天市場

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。