連続テレビ小説おひさまの今後のあらすじ

おひさま あらすじ 今後 101

2011年7月29日(金)放送分
連続テレビ小説おひさまの今後101のあらすじを紹介中です。


茂樹は、兄が残した医学書を読んでも、さっぱり分からない。
そんな茂樹に育子は「簡単じゃないが、頑張れば医者になれるんじゃないの」と言い残して
東京へ旅立っていく。

陽子と日向子と和成は実家に帰る。
良一だけが日向子を思い切りあやせずに、もじもじする。

ある日、和成が熱をだし、日向子を学校に連れて行けなくなり…。

連続テレビ小説おひさま 大特集 >>楽天市場



おひさま あらすじ 今後 100

2011年7月28日(木)放送 おひさま今後のあらすじ100


和成は戦地から帰れたのは、運がよかっただけだと痛感した。
今後は家族のために生きていこうと決めていた。

日向子を連れて授乳のために学校に通うのを「みっともない」という陽子を
怒ったのはこのことからだった。
陽子は和成の優しさが逆に不安だった。
優しい人が悲しい目にあいやすいことを知っていたから・・・。

はじめての夫婦喧嘩は2人の絆を深めたようにみえたが・・

連続テレビ小説おひさま 関連商品 一覧 >>楽天市場



おひさま あらすじ 今後 99

2011年7月27日(水)放送98 おひさま今後のあらすじ

正月休みが終わるとともに陽子は仕事に復帰する。
元気に声をそろえて迎える子どもたちに、陽子は感激する。

昼休みに和成は、日向子をおぶって学校に来てくれる。
授乳のために、これから毎日連れてくるつもりで、勤め先にも都合をつけたのだ。

しかし校長は、和成に対して冷ややかな態度をとる。

陽子は“和成に負担をかけるのが申し訳ない”と思うが、その言葉が和成を怒らせてしまい…。


★連続テレビ小説 おひさま 大特集 >>楽天市場★
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。