連続テレビ小説おひさまの今後のあらすじ

おひさま あらすじ 今後  19週

おひさまの19週のあらすじです。今後が期待できますね。


卒業式を終えて、陽子は生徒たちに最後話しをする。
学校で会うのは今日で最後だがずっとあなたたちの先生でいるつもりであると
自分の正直な気持ちをありのままに伝えた。

この想いがあるから教師を辞める決心がついたのだった。

仰げば尊しをみんなで歌い生徒たちは泣いてしまいます。

夏子先生は校長からすべてを聞きき、陽子に日本一の女教師になると宣言した。
夏子先生は死ぬまであなたの先生であると、陽子の卒業を祝福する言葉を送ります。

【おひさま あらすじ  今後 19週の最新記事】

おひさま キャスト たけお

視聴率20%超えが多くある人気の連続テレビ小説おひさまの
タケオ、気になる人いませんか?
あまりタケオの役をやっている人に触れられているサイトが少なくて情報が少ないです。


宮本タケオを演じているのは、柄本時生さん、
小さいころ役は勝隆一さんです。
現代の宮本タケオは犬塚弘さんです。



おひさま あらすじ 今後 102

放送日2011年7月30日(土)
おひさま今後のあらすじ102のことを書いています。


陽子は村上堂のカヨに日向子を預かってもらう。
貞夫と一緒におむつを替えたりするのも楽しそうだ。

昼休みに日向子を連れて学校に来て、お乳をあげる陽子を少女のように見守るカヨ。
夏子は陽子に「甘えられる人には甘えなさい」と助言する。
和成も、くよくよするなと徳子に言われ、日向子と帰宅した陽子を温かい笑顔で迎えることができた。

連続テレビ小説おひさま 大特集 >>楽天市場





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。