連続テレビ小説 おひさま キャスト - 連続テレビ小説おひさまの今後のあらすじ

おひさま キャスト たけお

視聴率20%超えが多くある人気の連続テレビ小説おひさまの
タケオ、気になる人いませんか?
あまりタケオの役をやっている人に触れられているサイトが少なくて情報が少ないです。


宮本タケオを演じているのは、柄本時生さん、
小さいころ役は勝隆一さんです。
現代の宮本タケオは犬塚弘さんです。



連続テレビ小説 おひさま キャスト

【連続テレビ小説 おひさま キャスト】


須藤陽子(井上真央、少女時代:八木優希)
須藤紘子(原田知世):陽子の母
須藤良一(寺脇康文):陽子の父
須藤春樹(田中圭、少年時代:中川大志):陽子の長兄
須藤茂樹(永山絢斗、少年時代:渡邉甚平):陽子の次兄
桐野富士子(渡辺美佐子):紘子の母
神蔵(中原丈雄):富士子の車の運転手

丸山和成(高良健吾):老舗そば屋「丸庵」の息子
丸山道夫(串田和美):和成の父
丸山徳子(樋口可南子):和成の母
宮澤節子(白川由美):松本の床屋
岩本安子(吉村実子):松本の住人
宮下啓子(初音映莉子):松本の住人
宮下昭一(高澤父母道):啓子の息子

筒井育子(満島ひかり):女学校時代の親友
相馬真知子(マイコ):女学校時代の親友
相馬剛三(平泉成):真知子の父
相馬春代(中村久美):真知子の母
川原功一(金子ノブアキ):春樹の友人
野中タエ(中村ゆり):川原の恋人

宮本タケオ(柄本時生、少年時代:勝隆一):幼なじみ
宮本次郎(村松利史):タケオの父
宮本ハル(角替和枝):タケオの母
田中ユキ(橋本真実、少女時代:荒川ちか):小学校友人
村上カヨ(渡辺えり):あめ屋おかみ
村上貞夫(斉木しげる):あめ屋主人
高橋勇(千原せいじ)

高橋夏子(伊藤歩):小学校教師
飯田小太郎先生(近藤芳正):女学校教師(英語)
望月先生(梅沢昌代):女学校教師(裁縫)
高山先生(竹内晶子):女学校教師(修身)
中村先生(ピエール瀧):国民学校教師
福田先生(ダンカン):国民学校教師

圭介(平岡拓真):陽子の生徒
ミチオ(鏑木海智):陽子の生徒
倉田杏子(大出菜々子):陽子の生徒
倉田千津子(小西舞優):杏子の妹

ー現代ー
須藤陽子(若尾文子)
宮本タケオ(犬塚弘)
倉田杏子(伊東ゆかり)

原口房子(斉藤由貴):陽子ファンの主婦
原口宏(阿南健治):房子の夫
原口武志(松川尚瑠輝):房子の長男
原口まどか(山谷花純):房子の長女



連続テレビ小説 おひさま キャスト

連続テレビ小説おひさまのキャストを紹介します。

井上真央/ 須藤陽子役
大正11年(1922年)、東京生まれ。両親と2人の兄に囲まれ、朗らかに育つ。10歳のとき、長野県安曇野に移住。昭和16年(1941年)、国民学校の教師に。戦時下ながら念願の教師生活を明るく元気に送る。やがて、見合い結婚の末、そば店に嫁ぎ、太陽のように周囲を照らす“太陽の陽子”として、人々に明るい笑顔をふりまいていく

高良健吾/ 丸山和成役
長野県松本市のそば店「まる庵」の跡取り息子。見合い相手の陽子との結婚を決意した矢先、戦地へ赴くことに。帰還後は、陽子を支え続け、陽子の明るさに心動かされ、自分に正直に生きようとする

満島ひかり/ 筒井育子役
陽子の女学校時代の親友。生涯の絆を誓い合った仲。強気だが、繊細な心の持ち主。

永山絢斗/ 須藤茂樹役
須藤家次男。少しひねくれ者で口は悪いが、陽子への思いやりは家族の中で一番。

寺脇康文/ 須藤良一役
陽子の父。陽子ら子どもたちの成長を温かく見守る。

樋口可南子/ 丸山徳子役
老舗そば店「まる庵」の女将で、和成の母。明朗闊達で、働くことが大好きな明治の女性。

若尾文子/ 丸山陽子/語り役
現代の陽子。安曇野に暮らし、そば店の中心人物として、彼女の笑顔は来る人に安らぎを与える。須藤陽子の完成形。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。